« DAMの配信日ということで、 | トップページ | 札幌に行って来ました^^ »

2006年3月25日 (土)

歌の練習する間もないくらい

毎日事務仕事が忙しくてたまりません;;

ん~、個人で頑張ってきたわけですが、もうそろそろ限界かもねー。でもここしばらく、期間限定の忙しさのような気もするしなぁ。。。

思えば毎回毎回、新曲が発売されるたびに各地の発表会などのイベント準備で歌のチェックに費やす時間がありませんでした。今日は各地に荷物を配送して、それから眠気がきたので寝ちゃって、おもむろに真夜中に起きてヘッドホンを被りマイク握り締めて歌のチェックを始めちゃいました。オイラは実を言うと鼻の中に問題があり、両下甲界とか言うんだそうだが空気の通り道が普通よりずっと狭いのです。どれくらい狭いかというと、鼻腔内が風邪で腫れて鼻の通りが悪くなる時があるじゃないですか、その時の状態より狭いんだとか。で、24歳くらいの時鼻の中の肉を削ったんですよ。痛かったんだよなぁ・・・。削らなくても死ぬわけでもないのに、ひとえに歌手で生きてくために手術したんです。しばらくはよかったんですが、それも2~3年したら元の状態に戻ってしまいました。また手術する気にはとてもなれず、今に至るわけです。

鼻の通りが悪いとどういう弊害があるかというと、聴いた感じもちろん鼻声だというのはありますが、特に鼻にかかる発音”ま行”とか”な行”の音が抜けないのでよろしくないのです。鼻が詰まると低音の響きは作りやすいけどピッチは捕らえにくくなります。この花粉症の季節は困ったもので、鼻水が止まっても鼻通りが良くなるわけじゃなく、弱点に拍車がかかるわけです。いつもは自分の耳と頭蓋骨の振動で聴いてるので、自分の声を客観的に聴けてないので、必ず歌は録音してチェックする必要があります。

まぁ、いつも何かしら障害があるんですが、全てお天道様がオイラに与えた試練なわけですから耐えて乗り越えなきゃいかんのですよね~。それにしても、顔に出来たイボだけは早く良くなってくれ~~;;足繁く治療に通ってるが大きくなっとるぞ^^;

|

« DAMの配信日ということで、 | トップページ | 札幌に行って来ました^^ »

コメント

>潤ちゃん

それにしても本当に大変だけど・・・ 潤ちゃんにして見れば、それなりに幾つかの試練を乗り越えて来たんだし、いかにプロの歌い手さんだから何かしら障害が残っちゃうのもあるし・・・ それは人間だから多少のこともあるんだけど、潤ちゃんらしい生き方も合ってもいいんじゃないかしら・・・ 何か理屈っぽくてすんまそんっ、早々・・・ デキモンの方日に日に増殖してる噂だけど・・・ だ・大丈夫?

投稿: アルテミス | 2006年3月25日 (土) 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148004/9245916

この記事へのトラックバック一覧です: 歌の練習する間もないくらい:

« DAMの配信日ということで、 | トップページ | 札幌に行って来ました^^ »