« 2002年11月 | トップページ | 2003年1月 »

2002年12月30日 (月)

新しい携帯電話。

オイラの使っている携帯電話、D501iはあちらこちらハゲてきちゃってみっともない。最近写真の撮れるやつがはやりだし買い換えようかと思いドコモショップへ。最新のモデルではPのデザインが秀逸なのでP504isを買うことに決めた。長年慣れ親しんでいたDとも遂にお別れの時を迎えた。だってカッコ悪すぎなんだもん、Dは・・・。503を1年9ヶ月使用したことになるが、Dにしては長持ちだという話。さて、遂に手元にきたP504is。一日中かまいたくって少々飽きてきた。は、早すぎる・・・。特に気に入らない点は、作曲の自由度の低さ。タイやスラーなどが使えない。リズムはコード伴奏に組み込まれ、リズム隊のオイラとしてはつまんない。にいやんのSHの方が優れていると思った点はiショットの送信の手軽さ。慣れもあるのだろうがDの方が設定に関しては判りやすいレイアウトだと感じた。Pはややこしいというか紛らわしい。でも都合のいい、便利な機能もありました。それは何かって?それはねぇ、秘密です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月29日 (日)

大掃除に燃えた日。。。

今日は気合入れて部屋の大掃除をした。年末忙しかったため部屋は掃除されないままで乱れまくっていました。年を越す前に何とか片付けないと思っていたのです。はっきりいって午前中から始めたのに終わったのは夜の8時半過ぎでした。きれいに片付いた部屋は気持ちいいですよね。わかっちゃいるのですが忙しくなるとね、乱れるがままになっちゃいます。あともう少し仕事が残っています。頑張って終わらせないと大晦日は不動院の屋外ライブだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月23日 (月)

後援会埼玉支部忘年会無事終了。。。

後援会埼玉支部の忘年会がありました。普段から応援をいただいている皆さんにお返しをすることのできる貴重な日です。木下邸をお借りしてホームパーティー形式で行われた。オイラは恒例のカレーを作って皆さんに振舞った。4時間半も煮込んで作る旨みたっぷりのこのカレーですが、今日は自己採点72点くらい。でも皆さんムッチャ美味いと喜んでくれたのでよかったです。平行して宮内さんが餃子を焼いてくれたり、お餅を搗いて食べたりと、とても楽しかった。その後東川口のカラオケボックスへ移動してカラオケを楽しんだ。最近急激に増えた新規後援会員も大勢混じりとても賑やかでした。皆さん、来年もよろしくねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月22日 (日)

俺の空というラーメン屋が、

高田馬場にあるんだが、サイトなどでもちょこちょこうまい店として名前が出てくるので一度食べてみようと店に行ったのです。しかし、何度行っても看板は準備中・・・。それも7回連続で!何が腹立つといったらオイラ準備中の看板の前で立ち尽くしているのだが、店内ではラーメンすすっているお客が何人もいるんです。食べ終えた客が爪楊枝咥えて出てくるとなんだか腹立たしいです。ひょっとしたらそんなにも美味くはないのかもしれない。しかしずっとお預けくらっているので想像の中で美味さがかなり膨れ上がってしまっています。ひょっとしてさ、オイラの接近を感知するレーダーかなんかがあってオイラが店に辿り着く寸前に札を営業中から準備中にひっくりかえしているのではないのか?とにかくこの店、営業時間は基本的に20:00マデと謳っているのに、昨日なんか16:30だよ、オイラ行ったの。どうもこの店最近テレビに取り上げられたらしく、モトコちゃんが店の場所を聞いてきた。オイラが俺の空のラーメンを食べられるのはいつの日か?経過は追って報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月16日 (月)

ほっと一息。。。

ずっと続いていた強行軍も今日で一段落です。昨日のチャリティーディナーショーも盛会で評判良かった。いつもながら埼玉支部の面々のパワーには驚かされます。感謝感謝。今日の茨城裕次郎会は物凄い押し進行で、ステージトーク割愛してくれと言われたので自慢のおしゃべりは発揮できませんでした。思ったほどの渋滞にもつかまらず快適なサンデードライブになったです。明日からのお休みはあいさつ回りやらなんやらで実際はゆっくりできません。大掃除もしなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月14日 (土)

シェンファン倶楽部ですぎもとバンドのライブ

観に行きました。周りはなんとも業界人ばっかり。となりが香西かおりさん、作家の大谷明裕氏、徳久広司氏、建石一氏、前田俊明氏、その他大勢。なんか凄いとこで落ち着かないなぁ。演奏の方はどうなんだろ?いつもとはかなり勝手が違うようでバランスもノリも今ひとつでした。これはウエルカムバックに期待ですね。その帰り道MIKO氏と一緒に恵比寿駅前の焼き鳥屋に入ったら遅れて相席になった人が深野義和先生ご一行で、これまたビックリ。バカな話で盛り上がってしまった。東京は広いようで狭い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月11日 (水)

関西支部イベントも無事終わり、、、

いやぁ、かなり盛大でした。関西支部の皆さんありがとうございました。結果貸切も含めて3ステージで充実していました。うちのオカンのお店も幾分儲かったらしいです。これで少しは延命できればいいけどね。さて、イベントが終わり風見鶏のライブがありました。前回のマスタッシュの時と比べると少々いただけない演奏でしたが、オイラのベースの音色はかなり満足のいくものになっていました。それだけでも気分がいいです。うちのセンセも今までになくバンドのクオリティーについてシビアに考えるようになり、要求される事項も難易度の高いものになってきました。馴れ合いのお遊びではないのだしもちろんより良い状態を目指し精進するのは当たり前のこと、今後も諸氏の意見に耳を傾けながら努力したいと思います。お越しくださった皆さんありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月 5日 (木)

さて、明日から滋賀だ。

さて、オカンの店にて2日間ライブだ。後援会関西支部主催のイベントです。今年最後のライブとあっていろんな人が来てくれるみたいで楽しみです。風見鶏のライブもあるしね。では、行ってきまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月 4日 (水)

無事に終了!!!

やったね!ちゃんと乗り切れました。波乱含みでしたが喉の状態も尻上がりでした。体調はかなり回復していて助かった。熱は微熱を常に感じていましたが。こういった山場を越えることで少しづつ自信というものがついてきます。お客さんも確実に増えていて新規の後援会員も獲得できました。とても順調で嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月 3日 (火)

オイオイ・・・

なんということだ。お昼のステージを終えてファンの皆さんとお茶を飲んでいたのですが、なんとなく鼻腔が腫れて痛くなってきたのです。「風邪かなぁ・・・。」なんて思いながら夜のステージの用意をしていたら発熱しているのに気づいた。歌には支障がなかったのですがふらふらとよろめきながら家に帰って熱を測ったら39度近かった。「しんどいはずやでぇ・・・。」熱さまシート」を額に貼り薬を飲んで0時には就寝した。朝目が覚めると熱は37度5分まで下がっていて昨夜よりはいくぶん楽だがそれでもまだ熱がある。歌は歌えそうだが夜中まで体力が保つかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月 2日 (月)

超満員の川口ゆの郷初日。。。

すごいですねー、日曜日の盛況ぶり。久し振りに週末の出演をしたのでそのお客さんの多さに驚きました。後援会、ファンの人達も大勢駆けつけてくれてそれだけでものすごい元気をもらいました。調子も心配していたより全然良く、声が一段と出ていたらしいです。それにしてもやっぱり、いいステージというのは一方の気持ちばかりじゃ成立しないですね。お互いの気持ちがかみ合わないとあそこまで気持ちよくなれないでしょうね。とにかく今日は初日、残る二日も元気に頑張りたいと思うみどじゅんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年12月 1日 (日)

フィルムスキャナーなるものを、、、

最近お仕事も忙しく、余録が少し入ったので前からねつらっていたフィルムスキャナーを買いに行った。この器械、ネガやリバーサルフィルムから直接画像データをスキャンするもので、業務用なら40万円とかする高価な物で、家庭用でも10万円前後と値が張りオイラには手の出ないものでした。ところが最近かなり価格がこなれてきて納得できる性能の物が3万5千円くらいになったので思い切って買おうと思いました。使ってみた感想。感動しました。電気屋に行ってプリンターの出力サンプルに驚き購入したが、あんな高画質の印刷物出したことがなかった。「サギやのう、ブツブツ。」とか言って高画質の画像データを探したりしたこともありましたが見つからず、高機能プリンタのその真の性能に触れることはなかった。やっとその性能を垣間見ました。美しい、ビューテホーだ。これからいろんなグッズが作れそうですよ。最高に満足しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年11月 | トップページ | 2003年1月 »