« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »

2002年6月28日 (金)

全く不定期やなぁ・・・。

すんまそん。ずっと会報に取り掛かっていました。それにしても、この作業は大変なんですよ。ここでしか言えませんがやれ「読みにくい!」だ「遅い!」だ苦情をいただきますがオイラ一人での作業は過酷を極めます。「ここまでやってる演歌歌手がどこにおるんじゃー!」と思いっきり言ってやりましたよ、心の中で。(爆)それにしても、今回は写真が間に合わなくて構成が作れません。もう尾張温泉の写真は次号になりそうな感じです。最近富に信用がないみどじゅんですが頑張ってまっせー!もうちょっとお待ちを!いや、待ってね、待ってください。あの・・・ここで見たことは他言無用ね。って意味ないか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月21日 (金)

ご心配かけました。

2ヶ月ほど前に騒いでいたカタリの事件ですが、19日に犯人が捕まったそうです。とりあえずホッと一息って感じです。やはり、うちの郵便受けからNTTの領収証を盗み、その足で役所へ行って住民票を入手、必要な個人情報を取得した上で国民健康保険証を再発行手続きしたそうだ。大方オイラの読みどおり。因果応報は大宇宙の法則、しっかり刑罰を食らって人生を棒に振ってくださいな。てなわけで、みなさんお騒がせしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月18日 (火)

川口ゆの郷初日。。。

いよいよ歌謡ショーが始まった。後援会埼玉支部のお膝元ということもあって月曜日なのになかなかの動員数でした。ファンの皆様いつもありがとね。夜の部にはたばちんの横に座っている葉山香京クンを発見!思わずデュエットコーナーに引っ張り出し『あずさ2号』を競演した。予期せぬ出来事に戸惑う香京クン、よその健康センターのことは宣伝してはいけないヨ!恐らく緊張していたからでしょう。勉強勉強!デビューの頃の自分を思いだすなぁ。そういえば千葉山君はどこでどうしているのでしょう??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月17日 (月)

芽ぐみさん、20周年おめでとうございました。

板東さんのお店は歌舞伎町の区役所通りにある歌謡スナックで、このたびめでたく20周年を向かえ新宿セブンシティーでパーティーを開催する運びとなった。会場は芽ぐみを愛する人たちでひしめいた。また、記念に新曲も発表された。作詩を建石一先生、作曲を杉本眞人先生、編曲を伊戸のりお先生という蒼々たるメンバーである。ラッキーボーイズのメンバーの顔も見えていました。MIKOさん、マモさんお疲れ様でした。なんとも感動のステージでありました。なんと板東さんのCDは殆どオイラのCDと同じスタッフによって制作されている。そして楽曲も文句なくすばらしい。きっと近々オイラはステージでこの曲を披露することだろう。いや、きっと歌いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月14日 (金)

東京に戻ってきました。

久し振りに東京へ帰ってきました。名古屋地区でのプロモーションはかなりの手応えでした。尾張温泉のステージも10年ぶりだったが、やはりなまばんどでの歌唱は気持ちよく、局の管理しているステージはかえしも良くって歌いやすいことこの上なし。スター歌手の皆さんはああいう環境下で毎日歌っているんだと思ったら羨ましく、また自分もそうありたいと切に思いました。ここでも手応えがあり、また呼んでいただけそうな感じです。それと、多数ご来場を賜りましたファンの皆様本当に有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月10日 (月)

豊明に入った。

今日は名古屋の行きつけの美容院に行った。予約は17:00からだったので親戚の家に辿り着いたのは夜中だった。軽く挨拶を済ませにいやんの部屋からネットチェックしております。久しぶりに触るPCの感触。。。んー、楽しい。オイラは既に変態なのであろうか?明日から名古屋市内で2日間プロモーションが目白押し。なんとも嬉しい限りであります。これだけ名古屋地区で宣伝活動をしているのだからなんとか知名度を上げたいものであります。13日の尾張温泉が非常に楽しみであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西つよし演歌ライブ。

今回の企画はほとんど初めてといっていいくらいの出来事だったのではないだろうか?何故か先生は演歌のライブをやりたがらない。ブルースならアマチュアを自負していついかなるときでもやりたい人なのに、演歌になると照れ屋の気質そのまんまです。しかし今回はニューユニットとんちんかんずの新曲発表を兼ねており、東京からロスプリの徳永さんも駆けつけてくださいました。徳永さんと先生は何の打ち合わせもないのに息がぴったりあってなんとも言えないノリでした。徳永さんに乗せられてうちの先生もハイテンショントークをキープしていた。いつもローテンショントークだからびっくりしました。やはり先生は本来3の線なのか???おそらくそうなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月 9日 (日)

大阪はうだるような暑さで

今日は大阪地区のキャンペーンでした。しかし、ステージの前、待機している間じっと座っているだけなのに汗がタラタラ滴り落ちていました。出かけに父ちゃんがキューピーコーワゴールドのアンプルを飲ませてくれていたので助かりました。一日で5リットルくらいの汗をかいた感じです。予定より早く終わったので眞子さんに電話したら神戸元町でお仲間と中華で飲んでるとかで急遽お邪魔さしてもらった。メディア関係のそうそうたるメンバーで驚いた。二次会のジャズバーでは貸しきり状態でオイラの演歌を披露させていただいた。すでにべロべロでしたけどね。やはり東西股にかけて活動されている方が多く、次回は東京で飲みましょうってなかんじで別れました。神戸って楽しい町ですね。お洒落だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月 8日 (土)

ぴーまんはうすでお客さんとふれあい。

今日は瀬田のぴーまんはうすさんでちょっとしたキャンペーンも含む交流会があった。今回で3回目の来店で、ママがとてもいい人なのでついつい長居してしまいます。仕事となるといろんな事で制約をつけなければいけないのですが、歓迎ムードであった場合、オイラいっつも過剰サービスしちゃいます。やっぱりオイラも瓜の大将同様人間が好きなんだろうと思う。滋賀から歌手としてデビューしているのにほとんど認知されていません。滋賀に居ないから仕方ないんだけどメディアの仕事があればなぁとつくづく思います。ないから足で稼ぐわけです。実際効率は良くないんでしょうが足で稼ぐ利点もあります。いろんな場所でいろんな方と知り合えることです。これは人生においてすばらしい財産になると思っています。今後もあっちこっちに出現しますのでよろしく願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月 7日 (金)

実家にインコを画策。。。

インコはかわいい。まぁ、インコに限らず小動物の類はかわいい。が、インコに萌え萌えなのだ。アレルギー体質のオイラは自室で鳥を飼うことはできない。そこで実家の親をそそのかして(人聞きは悪いが実質上はそうである)インコ購入を画策した。首のまだ座っていないヒナを買ってきて今度こそおしゃべりインコを目指すのだ。アルプラザに行って見てきたが、お目当てのインコはどれも中雛だったので買わずに帰った。鳥語を覚えちゃうと人間の言葉を覚えようとしないからね。てなわけで作戦は失敗?今後また変化があれば追って報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月 5日 (水)

日々の歌のレッスンについて。

日常生活の中で大きな感動とめぐり合う機会は少ない。歌手業に従事するオイラが日々のレッスンで一番辛いのは何の感動もなくダラダラと歌い続けるばかりの常態の時。すぐ飽きちゃう。意味のない練習はやっても仕方ないと思う。先日のとんちんかんずのステージを見に行き木下さんの歌唱を聴き何かがオイラの中で弾けました。やはりお金を出してうまい歌手のステージを見に行かなくてはならない。なかなか感動できることは少ないんだけどそれでも新しい発見を求めて出かけなければ行けないと思う。こういう時って歌の練習が楽しくて楽しくて。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月 4日 (火)

埼玉テレビに出演?

なんだか出るみたいです。嬉しいな。後援会の顧問、横田先生のお力により実現しました。そして、小松先生有難うございました。この回の放映で大きな宣伝になれば嬉しいな。埼玉方面のファンの皆さん、詳しい日程が判明次第お知らせしますのでテレビの前で応援してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年6月 2日 (日)

三浦会長、藍綬褒章受勲おめでとうございます!!

今日は美酉潤後援会関西支部の会長の三浦治男先生の藍綬褒章受勲祝賀パーティーにゲストとして招かれました。最高にめでたいこの宴を盛り上げる為のメ二ュー構成は大変でした。おめでたい曲といえばいつも「祝い船」が定番ですが、この歌は結婚式がテーマなので今回の場合あてはまりません。二週間悩み続けた結果「三郎太鼓」を歌うことになりました。もちろん歌ったことなどありませんでしたが、好評を博したようでノリにノッてしまったオイラは実力を十二分に発揮することが出来ました。受勲は当然おめでたいですが、オイラの歌もこの上なく手応えが良かったので嬉しさもひとしおでした。 そのおかげでチョイと飲み過ぎてしまいましたが。三浦会長のこのめでたい席で最高の歌が歌えたことの幸せをかみしめた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »